読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロメガネの手帳

日常という重箱のスミをイラストと文章でつっつくブログ。文房具マニアにつきそっち系のネタも多めです。

ネタ探しのコツ。

f:id:coromegane:20160307203058p:plain

2015/8/18

こんなブログをやっていると、自分もやってみたいけどなかなかネタがなくて…などと相談されることがある。

まがりなりにも3年間、絵日記を毎日更新し続けた経験からいうと、人間生きていれば何かしらあるもので、ネタがないということはないと思う。とはいえ、そのことに気づくためにはちょっとしたコツがあるのもたしかだ。

私なりのネタ探しのコツはいくつかあるが、その中でも大事なのは脳を「退屈」させることである。

一般的に、アイディアを得るためには旅に出るとか、新たな刺激、非日常感を求める方向性の手法が提案されることが多い。しかし私は、これはむしろ逆なのではないかと思っている。

人間の脳ミソというものは、想像以上に能力がありあまっているものなのだ。常に泳いでいないと死んでしまう、まぐろみたいなもんだ。なので、脳ミソにとっていちばん恐ろしいのはエネルギーの行き場を失うこと、つまり「退屈」すること。移動中についついスマホをいじってしまったり、家に着いたらなんとなくテレビをつけてしまったりするのは、脳が無意識のうちに「退屈」を回避しようとしているからではないだろうか。

そこで、この手の暇つぶしで刺激を与えるのをやめてみるとどうなるか。退屈した脳ミソは、子供がおもちゃがなくても新しい遊びを発明するように、勝手におもしろいことを探そうとしはじめる。今まで気にもとめてなかったものが目に入ってきて、当たり前だと思っていたことが不思議に思えてくる。この作用を利用するのが、私なりのネタ探しのテクニックなのだ。

なので、無意識のうちについ手にとってしまうスマホを、本を、マンガを、ゲームを、いったん置いて、ぼーっとしてみるのもたまにはいい。自分は自分が思っている以上に、いろんなものを見たり考えたりしていることに、きっと気づけるはずだから。

[元記事]

本当は考えないといけないけど、向き合うのがイヤだなーという問題を抱えているような時も、ついつい無用な暇つぶしに没頭してしまうね。テスト勉強の前に部屋を片付けたくていてもたってもいられなくなるアレもきっと同じ仕組みに違いない。

感情や思考をコントロールするのは難しいけれど、行動をコントロールする方は比較的簡単だ。自分が陥りやすい罠のパターンを知っていれば、回避できる可能性も高まるのではないだろうか。

モレスキンの元絵はこちら。