コロメガネの手帳

日常という重箱のスミをイラストと文章でつっつくブログ。文房具マニアにつきそっち系のネタも多めです。

最近の一軍ペンケースについて。

f:id:coromegane:20150929194335p:plain

2015/7/30

クラウドファンディングでゲットしたスタンドアップペンケースが手元に届いておよそ1ヶ月。一軍ペンケースとして使っているうちに、現時点でのスタメンが出そろってきたのでここらで1回まとめておこうと思う。

スタンドアップペンケース:使うときは立てておけるペンケース。スマホスタンドも兼用できるので、そのぶん机の上がちょっと広くなった。ベルトに通して身につけることもできる機能、使う頻度はそんなに高くないけど、イベントなんかで立ち働いているときにいつもと同じ文房具にすぐ手が届くのは思った以上に安心感があった。

万年筆博士の万年筆:上段から。鳥取の万年筆博士というお店でオーダーメイドしたマイベスト万年筆。自分にとってこの世でいちばん書き心地のいい筆記具。傷がつかないように、クチクラのペンシースに入れた上で収納している。

ぺんてる 赤黒サインペン:先日、台湾に行ったときにみつけて買ってきたもの。日本では売ってないっぽいのだが、1本で二役なのはペンケースの体積節約的な意味でかなりイケてるのでぜひ日本でも売って欲しい。

キモリ ローラーボール下段は左から。蔵前にある素敵文具店、カキモリさんのオリジナル商品。コンバーターがセットでき、万年筆のインクをボールペンとして使える。せっかくの透明軸なので、赤インクをつめて赤いれ用に使っている。

ぺんてる ハンディライン:意外とよく使う蛍光ペン。さっと出して片手で使えるノック式が個人的にはマストバイ。ハンディラインはノック式蛍光ペンの中ではストロークが短く、コンパクトなところが気に入っている。

ぺんてる トラディオ・プラマン:ご存知プラマンは、がさがさと思いつきをラフな感じでメモするときや、封筒の宛名書きに。

三菱鉛筆 ジェットストリーム 3色ボールペン:まあ、油性の3色ボールペンは絶対ひとつはいるし、ひとつだけ選ぶならやっぱりジェットストリームだよねってことで。

三菱鉛筆 ジェットストリーム スタンダード:とっさに電話なんかのメモを取るとき用。ノック式だから片手で使いはじめられるし、なにいろ出すんだっけ!と迷わずにすむからという理由で単色。ちなみにこのホワイトタイプは名入れ専用につき非売品。コネを駆使して入手しました。シンプルでおされです。

LAMY サファリ ローラーボール限定色のコッパーオレンジに惚れて、LAMYコレクターではないけど衝動買い。実は中身はUNUSのリフィルアダプターを使ってジェットストリームの1.0mmにかえてあります。複写伝票とか書くときは、やっぱりノック式じゃないほうが安定する。

全体としては白と黒とオレンジでコーディネートしております。

あくまでも現時点の一軍なので、新しい選手が出てきたら入れ替わっていく可能性はじゅうぶんにあり。ひとつのものをずっと使い続けるブレないかっこよさにもあこがれるけど、やっぱり新しいものが出てきたら試してみたくなっちゃうもんな〜。

[元記事]

近頃は万年筆を別持ちにして、その代わりにカッターナイフを入れたりもしています。イベントのときなんかはやっぱりカッターがあると便利なのよね。まだまだ、いろんな使い方ができそうです。

モレスキンの元絵はこちら。